HOMEインフォメーション編入センターにおけるコロナ感染防止ガイドラインと注意点

インフォメーション

編入センターにおけるコロナ感染防止ガイドラインと注意点

コロナ感染防止対策として、編入センターでは、以下のようなルールを設けさせていただきます。安全にご利用いただけるよう、皆さんのご理解とご協力をお願いいたします。

 

【重要ポイント】

1.編入面談方法は、基本的に学院分散登校のグループ分けに基づきます

  対面授業週→対面面談可能・ZOOM面談可可能

  オンライン授業週→基本は対面面談不可※・ZOOM面談を選択

  ※対面でないと難しい面接練習などの場合のみ対面可とします

2.編入センターへの入館は、本館からの連絡口のみとします。
  ×本部ビルエレベータ―側口

  合わせて、センター内トイレは利用不可(混雑回避のため)となります。

  本館トイレのご利用にご協力ください。

3.入館時に、手指消毒・検温と「学籍番号」「氏名」「利用の用件」を伝えてください。

4.利用する面談ブースや自習デスクは、使用前に各自で消毒をお願いします。

  消毒液とペーパーを設置しています。

 

 

【その他、カウンセリング新ルール】

1.入館時の流れを終えたら、面談予約時刻ぴったりに担当の先生のブースに向かいましょう。(到着の報告)

2.前の面談学生がいる場合がほとんどのため、先生より「お待ちください」と言われたら、自習スペース内に戻り、呼びかけがあるまでお待ちください。

 

 

ダウンロード用:学生編入センター利用のガイドライン

戻る