HOMEインフォメーションiPadを紛失したときは

インフォメーション

iPadを紛失したときは

紛失した場合、以下の流れになります。
詳細はそれぞれお読みください。

 

もくじ
1.最初に
2.現在の位置を調べましたか?
3.「紛失モード」設定はしましたか?
4.警察へ遺失物届を出しましたか?
5.紛失期間中の授業、いつまで待つかについて

 

 

1.最初に
紛失時は本部ビル2階「メディア教育センター」へお越し下さい。
iPadは学校からの貸し出し品です。
卒業時に返却いただく物のため、紛失決定時は弁償(5万円)となります。

 

 

 

2.現在の位置を調べましたか?
「iPhoneを探す」機能が使用できる場合、おおよその現在位置の把握が可能です。
Apple IDとパスワードを準備し、下記へアクセスして下さい。
iPhone、iPad → 「iPhoneを探す」アプリ
PC、android → iCloud|https://www.icloud.com/ にログインし「iPhoneを探す」を実行

 

表示された位置の目安としては、
自宅、友人宅付近の場合 → 自宅、友人宅に置き忘れているか確認してください
神田付近で店などに行った覚えがない場合 → 学内にある可能性があります
通学路線の駅付近の場合 → 電車内に忘れ、駅または警察署へ届けられた可能性があります
表示されない → 機能を切っていたと思われます

 

例としては、電車内に忘れ気付いた人によって駅へ届けられた場合、
届けられた駅で数日保管されたあと近隣管轄の遺失物預り所がある大きな駅へ移送され、
10日保管されたあとに警察署へ引き渡されるようです。
通学時紛失の過去最遠記録は日光警察署や成田警察署。
それぞれ通学利用電鉄の終着駅預かりでした。

 

各所主要駅はこちら
JR|http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/sodan/otoshimono/welcome/tour134.html
私鉄|http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/sodan/otoshimono/welcome/tour133.html
その他バス(都営・民営)、タクシー(法人・個人)等もあるので、行動をよく思い出して下さい。

 

稀に予想だにしない場所へ届けられることもありますが、

拾得者が届けた先の処理方法の違いです。

(例:拾得者が乗り換えるついでに届けたのが、紛失者の使用路線とは別の鉄道会社で、

そこで保管期限が切れ別の大きな駅へ移送された場合など)

鉄道会社間(JR旅客6社間でも)で情報共有はありませんので、

乗り入れの多い駅に位置表示がある場合は、問い合わせ先にご注意ください。

 

 

3.「紛失モード」設定はしましたか?
(設定していない場合)パスコード設定、電話番号、画面に表示されるメッセージ
以上3点の入力が求められます。準備して実行しましょう。

 

・パスコードは他人が解らない物にしましょう
・電話番号の入力は気が引ける場合入力しなくても構いません。
・デフォルトのメッセージは連絡を求める文書なので、
「お近くの交番へ届けて下さい」というように変更しましょう。
以上ご参考下さい。

 

「サウンドの再生」といってアラームを鳴らす機能がありますが、
多用すると電源を切られてしまう可能性が高いのでご注意ください。

 

 

 

4.警察へ遺失物届を出しましたか?
「iPhoneを探す」を使用しても見つからない場合は、
警察へ遺失物届を出して下さい。どこの交番・警察署でも構いません。
ただし都道府県単位で出す必要がある点に注意してください。

 

携帯電話の落とし物の流れ|http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/sodan/otoshimono/welcome/index.html
届け出(拾われて警察署等に届けられる)

調査(警察署等から携帯会社に調査を依頼)

連絡(携帯会社から契約者(本学)に連絡)

受領(届けられた警察に受け取りに行く)

 

と、このような流れになるようです。
警察署に直接届けられた場合ですとこの間数日ですが、
最初に駅や店舗へ届いた場合は期間が空くことになるようです。

 

残念ながらiPadが最終的に見つからなかった場合、

新しいiPadを申し込む時にこの届出用紙が必要となるため、

お早めに届け出るようお願いします。

 

 

 

5.いつまで待つかについて
「iPhoneを探す」の位置表示が自宅や友人宅、神田付近にあった場合ならともかく、
行った覚えの無いエリア表示の場合、まず数日~2週間はかかると思われます。
授業にも影響が出ますので、ある程度の期間待ったあと弁償の手続きを開始してください。

 

遺失物届を出した、警察から連絡があった、見つかった!など進捗がありましたら、
メディア教育センターまで逐次ご報告下さいますようお願いします。

 

 

以上、ご参考下さいますようお願いします。

 

 

 

 

戻る